ともおのコラム104 クリス・マーティン。


以前もどこかで書いた記憶がありますが、Coldplayのヴォーカリスト、クリス・マーティンは、非常にいい感じで・・・英語が持つフィーリングを、表現していますね。